Q&A

体脂肪の種類とは?
体脂肪には2つの種類があり、脂肪が蓄積される場所によって名称が異なります。

内臓脂肪

内蔵の周囲(主に大腸の裏側にある腸間膜と胃の下にある大網という組織)につく脂肪。
様々な生活習慣病の原因となります。蓄積も燃焼もしやすい脂肪です。男女問わずつく脂肪でもあります。

皮下脂肪(セルライト含む)

皮膚のすぐ下に付く脂肪。体を外界の温度差から守る、ぶつかった時の衝撃を吸収する、生命維持に必要なエネルギー源となるなどの働きがあります。女性に多く丸みを帯びた女性らしい体型のもとであり、妊娠や出産のエネルギーとしても使われます。皮下脂肪は備蓄エネルギー用の為、燃焼しにくいのが特徴です。

痩せる為に必要な条件とは?
皮下脂肪の周りに、老廃物や体液などコラーゲン線維と絡み合い形成されたもので、太腿や腰周りに付きやすく、1度付くとなかなか取れにくいのが、セルライトです。オレンジの皮のように、ボコボコとした状態の物をさし、オレンジピールとも言います。
セルライトは、太っている方だけでなく、痩せている方でも老廃物や毒素を溜め込んでいる人ほど付きやすいのです。
セルライトは何もせずに放っておくと、増える一方で減りません!! 見た目だけでなく、正常な脂肪細胞を巻き込んで痩せにくい身体を作ってしまいます。
セルライトが増える原因は?
栄養のバランスが、取れていない食事をしている。消費カロリーが少ない(運動不足)・ホルモンバランスが悪い・冷え症などがあります。
女性は男性より結合組織の中に脂肪細胞が多いため、増えやすい。
セルライトを除去するには?
栄養のバランスを心がけた食事を取る。運動をして、基礎代謝をあげたり、血液、リンパの流れを良くし、血行不良を改善する。デトックスを心がけましょう。
ページ上部へ